bg
HOME » 履歴書

履歴書フォーマットをダウンロードして転職の負担を軽減!

転職したいと考える時、転職先の希望を見つけた後に行うのは、履歴書をまず用意することが必要になりますよね。履歴書は転職するうえでとても大切なものです。しかしそんな履歴書の描き方に自信のない方や、正しい履歴書の書き方をご存知ないという方はいらっしゃいませんか?

今回は採用担当者が見ている履歴書のポイントを改めてご説明し、学歴や職歴などの書き方をもう一度おさらいしてみましょう。

転職用の履歴書の描き方

まずは履歴書全体的な部分でご説明しますと、「文字の開始位置や余白」はきちんと揃えることが大切です。これらを揃えることでスッキリと美しく、綺麗な履歴書に見えます。

そして、最近特に気になるのが手書きの履歴書か、パソコンで制作しても構わないのか、という部分です。

書式に関しての指定がなければ基本的にはどちらでも構いません。しかし、手書きの履歴書から面接をする人の人物像をイメージする採用担当者もいます。文字が持つそれぞれの特徴などを把握して、面接する人を思い描くのです。

また、オリジナルの履歴書を作成する場合は、市販の履歴書と内容が異なる場合、書きたくない項目を削除していると考える採用担当者もいますので、こちらも注意が必要です。

転職時の証明写真

履歴書に貼る写真は、「あなたの大切な第一印象」となります。書類審査で少しでも良い印象を持たれるように、大切な一枚を用意しましょう。

そこで採用担当者に良い印象を持たれにくい写真の内容を御紹介します。

第一に、スピード写真や自宅でデジカメなどを使って撮影したものをプリントアウトしたもの。そして、解像度が荒く、暗いもの。最後に、暗い表情をしていたり人相が悪かったりする写真です。

写真写りに関しては個人差がありますが、写真にお金や手間をかけずに適当なものを用意すると、あまり良い印象を持たれないでしょう。

良い印象を持たれる履歴書用写真を撮ることにふさわしいのは写真館で撮影をすることです。あまり写真を撮られることに慣れていない方でも、プロのカメラマンが丁寧にアドバイスをしてくださいますので、明るい表情のものを用意することができます。

また、「清潔感を出すこと」も非常に重要です。前髪が眉や目にかからないように揃え、額や鼻筋はテカらないようにケアしましょう。スッと背筋を伸ばして安心感と清潔感を与える雰囲気を作りましょう。

ダウンロードできる転職用履歴書がある!

手書きの履歴書が望ましいと先述しましたが、「特に企業からの指定がなければパソコンで作ってしまって」も構いません。イヤイヤ書いた手書きの履歴書に誤字があれば「やる気があるのかな」「適当な人だ」という印象を与えてしまいます。

履歴書というものは、本来自分の印象を良く見せ、あなたが目の前にいなくても、「あなた自身をアピールするため」のもの。手書きの文字に自身のない方はパソコンに頼って、存分に自分をアピールしてみましょう。

webで検索をするとたくさんのダウンロードできる転職用の履歴書がありますので、ぜひ活用してみてください!

フォーマット通りに作れれば転職活動も楽になる!

webで履歴書を検索すると、無数のフォーマットやテンプレートが出てきます。

「テンプレートはさまざまな様式」があり、志望動機欄が小さいものや、アピールポイントである資格欄がとてもコンパクトにまとめられているものがあります。

ハローワークで配布されている履歴書のフォーマットは、必要最低限の項目が記入できますので、どれにしようか迷っている方はこちらのフォーマットを使うと良いでしょう。

また、最近ではメールアドレスを記入する履歴書も増えていますので、メールアドレスの記入欄がない履歴書フォーマットを使用する場合には、連絡先のところへ記入しましょう。

長い戦いとなる転職活動もパソコンを使用することがグッと楽になります!

転職時に効く自己PR文をしたためよう

履歴書を書くにあたって、もっとも悩みのタネとなるのが自己PR文ではないでしょうか?学歴や職歴を書いているうちに疲れてしまって自己PR文をどう書けば良いのかわからない……という方もいらっしゃるでしょう。

しかしこの「自己PR文こそが採用担当の方に一番強く自分をアピールできるポイント」なのです!前職と同じ職種に転職したい方はぜひ以前の職場で得たスキルを、異なる職種にチャレンジしたいという方は、なぜ新しい職種に挑戦したいと感じたのか、その想いを素直に、かつ丁寧にアピールしてみてください。

web上にはたくさんの自己PR文のフォーマットが掲載されていますので、参考にするのも良いでしょう。ですが一番大切にしたいのはあなたがなぜその会社に興味を持ち、就職したいと感じたのかという気持ちです。