bg
HOME » 志望動機

いざ転職!未経験の職種に申し込む時の志望動機はどう書く?

転職時の志望動機の例文

履歴書を書く時に一番困るのが志望動機欄の書き方……学歴や職歴を一生懸命書いた後で志望動機欄に行き着くと、もうヘトヘトで力尽きてしまい、ついつい手を抜いてしまいがちです。しかしそこは改めて気合いを入れ直して挑みましょう!なぜなら「志望動機欄は書類選考時に面接官に対して自分をアピールできる最大のポイント」だからです!では、まず手始めに志望動機の文章の良い例のサンプルをいくつかご紹介しましょう。

  • 一般事務職の志望動機
    私は几帳面な性格で、慎重に仕事に取り組みます。常に正確さと迅速さを自分の行動目標としてきました。来客時での対応、電話での応対、資料作成や事務処理なども迅速に進めてきたと思います。なお、資格としてはオフィス系ソフトの上級資格を取得しています。また、パソコンの扱いもキーボード入力はブラインドタッチで早い方だと思います。御社にて能力を活かせるよう、また御社の微力になれるよう努力いたします。今回御社の求人応募を拝見し、私の能力・資格を活かせると思い、応募しました。
    しっかりした真面目な性格とパソコンを多く使用する一般事務には嬉しい「MOS資格」を取得しているところが好ポイントです。
  • 営業職の志望動機
    御社では多くの優秀な企業と取引があり、全社一丸となって成績を上げるなど、成功事例を積み上げている将来性の高い企業だと感じております。今回の応募の動機には、そのような御社の中で自分を磨いていけるのではと思い、応募させていただきました。微力ではありますが、営業職にては未経験ですが、今までの私の経験が御社の成長に貢献できればと思っています。まだまだ御社の精鋭とは比べるべくもありませんが、これまでのコミュニケーション力を生かし、先輩方の活躍を参考に、御社の戦力となれるよう努力するつもりです。
    数ある職種の中からなぜ営業職を希望するのかが明確に述べられています。また未経験であってもこれまでの経験を活かせるスキルがあるということを伝えています。

未経験業種への転職のときは…?

これまでと同様の職種で天職をするのであれば比較的志望動機は描きやすいですが、新しい職種に挑戦したい!と考える方の場合は少々難しくなりますね。給与のことを踏まえたり、やりがいを求めて全く異なる業種に天職を希望する人も多くいらっしゃるでしょう。

ではその場合、「「前職ではどうだったか」と「なぜ異業種に天職したいか?」」という熱意をしっかりと伝えましょう。なぜこれまで慣れてきた前職を捨てて、新しい業界へ飛び込みたいと感じたのか、これまでの仕事をしている自分を振り返り、なぜ前職はうまくいかなかったのか?ということと、なぜ異業種にチャレンジしたいのか?という二つの柱をしっかりと相手に伝えるような文章を作りましょう。

営業職への転職の場合は?

営業職に求められるのは、商品についての知識の他に「協調性、コミュニケーション能力、体力や忍耐力、快活さや好印象を持たれる笑顔などが求められます」。過去にも営業職をしてきた方でしたらこれまでのスキルや発想力を存分に活用し、志望動機に書きましょう。

また、体育会系の運動部に所属していた方は営業職に必要な協調性やコミュニケーション能力などの他、毎日の練習に堪えられる忍耐力と体力などがアピールできますので、ぜひ盛り込んでください。自分が興味を持っている商品をあつかっている会社の場合でしたら、その商品がなぜ好きなのか、その商品の魅力を書き添えると良いでしょう。

転職時の志望動機の描き方

新卒採用の場合以外に、転職時の志望動機の描き方も悩んでしまう要素のひとつでしょう。その場合は「なぜ前職ではうまくいかなかったのか、そして次の会社ではどのような働き方をしたいのか」というところをしっかりと自分の中で明確にしておくことが大切です。例えば前職で培ったスキルをさらに高めるために次の会社で貢献したい場合には、前職で得たスキルをめいっぱいアピールしましょう。

大切なのは、他の会社ではなくここの会社に入りたい。なぜなら????だからです、という熱意と具体性を明確に描くことです。

転職の志望動機が絞り出せないときは?

実はそれほど明確な志望動機なんてない、とにかく今の会社を辞めて、他の仕事環境が得られれば良い……という素直な気持ちを持つ方もきっと大勢いらっしゃるでしょう。では、そこをもう一歩掘り下げて、「なぜ転職をしたいと考えるようになったのか?なぜ新しい仕事環境に飛び込みたいと感じたのか?と、自分自身としっかり向き合ってみましょう。」

平日のほとんどの時間を過ごす仕事場だからこそ、少しでも楽しい環境で働きたい、そう感じた方はなぜ今の環境は不満なのかを探ってみましょう。今の仕事では物足りない、もっと自分の能力を確かめたい!と感じた方は、なぜ次の職場ではその能力が発揮できると考えたのか、その気持ちと向きあってみましょう。志望動機欄は、短い文章でより自分の未来と対峙できる欄なのです。