bg
HOME » 時期

ボーナス時期が多い?転職者が増えるタイミング

転職を決意するタイミング

会社員でしたら誰でも少なからず会社や仕事への不満を持っているものですが、かといって全員がすぐに転職をするわけではないと思います。転職を決意する理由は人それぞれです。給料への不満や会社の将来性、会社の社風が合わないなどの「会社に対しての理由での転職」がひとつ、もうひとつはやりたい仕事をしたい、仕事の幅を広げたい、地元で働きたいなど、「自分自身の理由で転職をするパターン」です。

どちらにしても、転職したいという気持ちが芽生えた場合、すぐに転職への準備を始めてしまうことは非常に危険です。一時の感情に任せて将来のことを決めてしまうのは非常にリスクが高いので注意しましょう。転職を意識し始めたら、「最低でも半年以上考えてから計画的に行動に移す」ことをおすすめします。

ボーナス額は転職に繋がる

ボーナス額は転職するきっかけに大きく関わってきます。毎月の給与に少々不満があっても、ボーナス額が大きい場合は毎月の不満も解消されます。「転職を思いとどまる賞与額で最多の回答は100万?199万」というアンケート結果も出ていますので、給与面の問題で転職を考えている方は参考にしてみると良いでしょう。

(出典先:マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2017/01/24/430/)

転職者が多いのはボーナス後と年度替わり

「転職者が多くなるタイミングはボーナスが支給された後と年度が替わる時」です。例えば夏のボーナス支給後に転職をする場合は6月に退職届を提出し、7月に引き継ぎ、8月に転職先に入社するというスケジュールが望ましいでしょう。このスケジュールで動くと、転職先で冬のボーナスが支給されることになります。ただ、会社によって賞与算定期間がまちまちですので、事前に確認をしておくことが大切です。年度末を境に転職をするのは気持ちの切り替えもスッキリしますので、この時期に転職者が増えるということになっているようです。

いつ転職活動をするのがいい?

「転職をする時期に適している時期というのは、一般に3?4月と、9?10月だと言われています。」この理由は、年度切り替えに伴う退職者の公認を補填したり、新規事業を始める時期が重なることから、中途採用のニーズが高まると言われており、求人数もアップする時期だと考えられています。求人数が増えることで嬉しい反面、転職者も増える傾向にありますので、ライバルが増えるというデメリットもあります。

このように、転職活動に適している時期というのは正確には把握できておりませんので、自分自身の考えと決断した時期こそがもっとも転職活動に適している時期だと言えます。その「タイミングを計る要素は、勤続年数、年齢、経済面の損得」です。勤続年数は、在職経験が2年以上あると印象が良く見られ、逆に短期の転職を繰り返している方の場合はあまり良い印象を持たれません。

また年齢に関しては、未経験の職種にチャレンジしたい場合は年齢によって職場が受け入れ難く感じてしまうこともあります。新しい職種に挑戦したい方はなるべく早く動いた方が良いでしょう。

経済面では、ボーナス支給の後や自己都合退職の失業手当給付期間など、少々の時期の差が損得につながることがあります。自分に見あった転職のタイミングを見極めて、冷静に行動を移すことが転職成功のおおきなカギとなります。

看護師の転職はエージェントを使うと楽

「看護師の方で転職を考えている方におすすめなのが転職エージェントを活用すること」です。最近増えている看護師向けの転職エージェントというのは、看護師不足の深刻化が進んだため、病院が看護師を確保するために、病院からエージェントに報酬が支払われています。そのエージェントの数は大小合わせて全国に90社ほど存在します。看護師は、エージェントを利用することが非常にスムーズに転職活動が行われれるようになり、現状ではハローワークや求人サイトを抜いて、看護師の転職方法の主流となっています。

転職エージェントでは求人紹介のほかに、病院の情報や面接の日程調整など、トータルで転職のサポートをしてくれますので、「多忙な看護師の方々の転職には非常にありがたい存在です」。たくさんの転職エージェントの中には、晴れて転職に成功した時にはお祝い金が支給されるところや、メールや電話でキャリアアドバイザーに悩みを相談できる窓口があったり、あらゆるサービスがあります。

それぞれの転職エージェントによってサービス内容や得意としている求人もさまざまですので、まずは気になる転職エージェントをじっくりと調べてみて、自分の希望の転職先にぴったり合うエージェントに登録すると良いでしょう。